Hyper Chevalier

イペル・シュバリエ

カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
月毎-記事群
分類
  もし万が一、記事検索したくなったら
選択中-記事群
( `・ω・´) 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
最近のコメンツォッ
RECENT TRACKBACK
LINKS
(*´∀`)つ記念品(*´Д`*)
Hineさんのブログ【ひねろぐ】

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)
<< 不具合対策本部 | main | / ,' 3  `ヽーっ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
07-08 CL Quarter Final 2nd Reg. 8th April
非常に大コーフンな一戦だった
日本時間では、9日になっての AM3:30

チェルシー vs (ジーコ率いる)フェネルバフチェ も気になったけど、
正直どっちでもよかった。手強いチェルシーが負けてくれて、
勢いのフェネルバフチェが勝ち上がってもよかったけど、
順当にチェルシーでも仕方ない。どちらでもよかった。

問題は実力伯仲、リバプール(Home) vs アーセナル
この2クラブは、色々な角度から総合的に見るとアーセナルの方が強いと思う。
なのでなおさら面白そうで、楽しみだった。

試合はサラッと振り返らねば

まず戦前の状況
アーセナルHomeの1st Reg(初戦)が 1 - 1
引き分けだけど、CLでは[アウェーゴール]の入ったリバプールがやや有利な結果
※ 2nd Reg(2戦目)が、たとえば
 0-0ならリバプールの勝ち、1-1なら延長、2-2ならアーセナルの勝ち
 CLはそういうルールです。語弊があるけど[アウェーゴール2倍方式]とか呼ばれてた。

『先制点はアーセナル』 0-1
ディアビの強烈なシュート。角度はやや無いけど、ちょっと近い。
一部メディアでは「GKレイナの油断」などと書かれてたけど、そんなんじゃないな。
近くて速すぎて反応できなかった。脚にはかすってたけど、ちょっと無理。

『リバプールは追いついて前半終了』 1-1
コーナーからヒーピアの素晴らしいヘッド。勢いコースともに絶妙。
歳だと言ってもほんとに貴重なメンバーだ。計2-2 完全な引き分け。

『勝ち越しはリバプールのトーレス』 2-1
GKレイナからの長いパント(*1)がクラウチにかすって?トーレスの足元へ
ここからが素晴らしい。今日の6ゴールの内もっとも美しかった。
少しだけゴールから遠ざかる方向へ転がし、反転してシュート。
この反転シュートはインテル戦でも決めてたけど、スゲーかっこいい。
身体は真横か、やや後ろ向きなのに強烈で無回転でゴール隅にコントロールされてる。
完璧な一撃。 …ちなみにこれは1点リードしたのではなく、正確には0.5点くらいのリード。
詳細は後述。
*1)ちなみにちなみに"パントキック"とはアメフト用語みたいだ。とにかく大きく蹴ること。
 もっとも、レイナのキックは超正確との評価( ´∀`)

『83分。残り7分で、アーセナルにすごいプレー』 2-2
リバプールが攻め込んで、ボールはペナルティエリア付近のジェラードの元へ。
ダイレクトで狙ったがなんと空振り(彼は今日絶不調だった)
スタジアムの空気がかなりガッカリしてる間に、こぼれ球を拾ったウォルコットが
グイグイ攻め上がる。つまり自陣PA前からハーフラインまでで2人抜き、さらに超加速。
こいつ脚速い。若い。しかも後半の、さっき出てきたばかり、元気。緩急を使って
もう2人を倒しラストパス。アデバヨールは触るだけでよかった。

(1-1) + (2-2) = 3-3
これで同点になったわけではなく、このままならアーセナルの勝ち抜けとなる。
つまり1点で試合がひっくり返り、逆点となるゴールだったことを意味する。
正直終わったと思った、残り7分だし

『落ち込むヒマもない内に、なぜかリバプールにPKが与えられる』 3-2
リプレイで確認すると、途中から入ってたバベル(リバプール)がエリアに突進。
3人くらいに囲まれたごちゃごちゃの状況は、スローで見るとトゥレが後ろから倒した
様子(という判定だった)
すごい場面でのPKだけに、この重圧、決まらない可能性も...
と思ってたらジェラードはすごいコースに豪快に決めた。解説も"心臓"を賞賛してた。
ココでなぜかオレの足がつった。

『「これで勝つる!」』 4-2
なんとか勝ったかぁ〜、と思いながら残り時間あと6分 + ロスタイムを過ごそう
とガクブルしてたら、カイト(リバプール)の変な高いクリアボールがバベルと
セスク・ファブレガス(アーセナル)の中間地点あたりに飛んでいった。
2人の前方(セスクにとっては自陣側)には、GKアルムニアとゴールしかない。
2人は競るけど、フレッシュなバベルに対してセスクは疲れすぎてた。
先にボールに触ったバベルは セスクをほとんど弾き飛ばすようにドリブルして
豪快に決めた。シュートの直前には、セスクもあきらめてシャツを引っ張っていたのだが
止まらなかった。

ロスタイムに入っていたから、残りの1〜2分
少しだけ早く試合が終わった(決まった)という意味しかなかったけど、
リバプールサポーターにはスカッとする一撃だったことだろう。

アーセナル(A)リード → 同点 → リバプール(R)リード → A逆転 → R逆転
という展開だったのです。

運の有無を考慮して鑑みると、試合内容としては
2戦通じて 4-4 くらいだったのではないだろうか。5-3という結果では、内容を表して
いないように感じる。なんにしろ、コーフン的な一週間だった。勝ったからかな。
記事は記憶だけで書いてみたので、誤差やら間違いあると思うけど許しやがれです。

次にチェルシーを破り、決勝でマンチェスター・ユナイテッドに粉砕されそうだが
ココはこっそり予想。今日の試合はユナイテッドとバルセロナが勝ち、
準決勝ではユナイテッドがバルサを倒すと思う。

とにかくなんとか優勝したいお
| Football | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:04 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
俺的にはマンU大好きだから(今年は強いからミーハー言われそうだけどwww)次がすげぇ楽しみ。
マンU対バルサとかアツスギル!!!!
でも、俺見ずに寝てそうだ…家に録画機能ないしなぁ…ww

んでも、マンU勝っちまうと、決勝イングランド勢同士なのがちょっと…、他国リーグとの本気勝負がCLの見物でもある気がするし…。でもマンUに勝って欲しいし…w

でも、どうせなら決勝でリバプール対マンUで、というよりはF・トーレスとC・ロナウドの点の取り合いが見たいなw

マンUが優勝すればC・ロナウドがバロンドール確実だし、やっぱマンUヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
| キドニー | 2008/04/10 6:14 PM |
ファーガソンも「ロナウドにバロンドールを与えるためにも、
CLに優勝したい」って言ってた。すごい発言だよな〜。
でもそれくらいのプレイヤーではある。
あんなに速いドリブルで、全然脚からボールが離れないとか。

ベスト4に3クラブだからね。やっぱりプレミアのレベルが
高いっていう表われなんだろうなー。

残り5試合、サプライズはあるんだろうか。
どこであれ、ユナイテッドが負けると驚きになるな。くぅ〜
それくらい強いぜ(´ヘ`;)
| Portata | 2008/04/10 10:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://porta.jugem.jp/trackback/118
トラックバック