Hyper Chevalier

イペル・シュバリエ

カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
月毎-記事群
分類
  もし万が一、記事検索したくなったら
選択中-記事群
( `・ω・´) 無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
最近のコメンツォッ
RECENT TRACKBACK
LINKS
(*´∀`)つ記念品(*´Д`*)
Hineさんのブログ【ひねろぐ】

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)
プロフィール
他なにか

riise_rng@@yahoo.co.jp

<< F.S.S. | main | ゴジラ、脳を鍛える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ダ・ヴィンチ・コード
文庫化されてたこともあって
ようやく読む機会を得た「ダ・ヴィンチ・コード」

半年前くらいかな
弟めが、先に読んでやがって
非常に羨ましかったものだ。
借り物だったらしく、貸してもらえず しょんぼりした。

私の方が先に目をつけてたのに!
(それにしても、流行からは だいぶ遅れてたけど)

仕事の区切り(3月中旬 無事納品できた)
と同時に購入 → 読書開始
ほぼぶっ通しで 読み終わってしまった。
上中下の3冊。

私は 読むの遅いというか
執念深く しつこくじっくり読む方なんだけど、
あっという間に、1日1冊のペースで読み終わった。

ミステリーとかスリラーとか 分類されてたけど、
ピンとこないな。あまりジャンルは関係ないような。

読み終わって いくつか書評を読んだけど、
一番近いのはこれかな

「これほどの物語を作れる人間がいるとは驚きだ」

うむ。

彼-著者の 推察の部分が論議の的になったりするようだけど
証拠も(まだ今は)ないし、
'真実'に対して、あっていようが ハズれていようが
これを考えられるってのがすごいな。

物語も面白かったし、
題材というか テーマとしても最高だった。
'スケール'というと、私がイメージするのは 物理的な
広さとか距離とか サイズだけど、
この本では 時間的にすごいスケールだった。

かと言って、SF的に 過去未来へ飛ぶわけでもなく
正味 1-2日の間に、2000年の歴史が凝縮されたような

とにかく 過去の(時間の)重さが、体感できて興奮的だった。

小説を 人に薦めるというのは、なかなか難しいけど
これは 多くの人に読んで欲しいなー

私が、読めと言われたら
「まぁ待て、そのうち、読みたくなったら
読める'状態'になったら読む」
とか なんとか答えるだろけど

いあ〜〜〜、
勉強と旅行したくなったな。

その前に、春の
この映画を観に行くか。
| ゲーム・マンガ・小説 | 03:13 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 03:13 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
祝日有お得な1週間!…のはずが、異様に疲れてしまった(´_ゝ`)
1週間ぐらいPC立ち上げなかったような気がします。
なぜか咲いている桜を目撃していないです。
忙しいのかな、わたしはw
Portataさんはその後いかがですか?

だびんちこーど、当時ハードカバー上下巻を定価で購入して一気に読んだのですが…お脳の機能に問題があるんじゃないかと思うくらい今は印象がない…
記憶を呼び起こすためにも映画は見たいぞ(゜▽゜)ノ
最近パリじゃ、だびんちこーどゆかりの場所訪問が流行っているそうですね。
今年はパリに行くぞ!(言うだけ書くだけは自由)
| hine | 2006/03/24 10:53 PM |
私も桜見てないな〜。けど なんか品川駅の構内に咲いてたw
植えてあったのか?そなはずないか。持ち込んだのかな。

やはり ひねさんは読んでましたか(・∀・)
作中の各場所は、ほんと行ってみたくなった。
観光客多いのは心配だけど、それでも行きたいな!
| Portata | 2006/03/25 6:04 AM |
私も、
MYお脳が 心配になったので、
今日(3/28)のような記事を書いてみましたよw
| Portata | 2006/03/28 1:08 AM |
他人様から遅れて、映画のダ・ヴィンチ・コード観てきたよ!
わたし 映画館に見に行くときは非常にわがままで、空いてないとイヤなのだ。そして、娯楽映画以外は一人で見に行くの。隣の人が身じろぎしたり、ポテチなんてバリバリやられたひには 集中力を欠いてしまうから。
(逆に一人で行かないでよかったと思ったのは「少林サッカー」ww)

宗教の専門用語は、学校がカトリック系だったので問題なくクリア。倫理系の本を読むのが楽しかった頃なもんで、必修のキリスト教概論の単位を何故か驚きの95点で取得。
「ようかんちゃんは『神の僕』」(カミノシモベと読んどくれ)なんてクラスメイトに囁かれるほど怪しい学生時代だった。

教会建築と教会芸術は やっぱ(・∀・)イイネ!!
また西洋寺巡りしたくなったよ。
現場で立ちつくすほど、一番強烈な印象を受けたのは「ガイコツ寺」
人骨を素材にする芸術って、日本人には絶対ありえない…
| ようかん | 2006/07/12 11:10 PM |
私も読んでるときは、こう知識の下地になるようなものが
もっとあればなぁ〜
などと思ったものですよ。
しかし きりすと教ガイロンなんて、一体どんな学問なのかピンとこないとこあるw 私からも、カミのシモベたん
とでも呼ばせてもらおうかなw

( ´△`)アァ- 映画早く観に行きたいなぁ〜
あんな長いのをどんな風に圧縮してるんだろう。そして楽しいウンチク部分は 相当カットされてしまってるんだろうか。映画一人で行くのは ややモジモジするけど(-"-;)むむむ、ま行ってくるかーw
| Portata | 2006/07/14 1:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://porta.jugem.jp/trackback/50
トラックバック